歯科で金属アレルギーに強い所をお探しならなかやま歯科|HOME >> 金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状

その症状、金属アレルギーの疑いがあります

金属アレルギーの一般的な症状としては、ピアスやネックレスなどのアクセサリー類によるかぶれやかゆみ(接触性皮膚炎)が挙げられます。では、歯科治療で用いる金属によるアレルギーも同じような症状を引き起こすのでしょうか?

歯科治療による金属アレルギーの症状は、必ずしも口の中に現れるとは限りません。アトピー性皮膚炎など、顔や手足など直接金属が触れていない部位に症状が出ることもあります。

以下では、歯科用金属によるアレルギーが引き起こす代表的な症状をご紹介しています。現時点で明らかにされている症状は以下のとおりですが、その他にも全身の健康に様々な悪影響を及ぼしている可能性があると言われています。

大阪市西区「なかやま歯科」は、金属アレルギー改善・予防のためにメタルフリー(ノンメタル)治療に力を入れています。以下の症状に該当する方、また少しでも疑いがある方は、お早めにご来院ください。

歯科用金属が引き起こす症状

顔や口の中に起こる症状
口内炎 歯肉炎 舌炎
口唇炎
(こうしんえん)
唇に慢性的に炎症や亀裂、剥離などが見られる。
口腔扁平苔癬
(こうくうへんぺいたいせん)
頬粘膜をはじめ、舌や唇に白い粘膜の角化がレース状に見られ、発赤をともなう。辛いものや熱いものがしみたり、歯を磨くと痛んだりする。
 
全身の症状
かぶれ シミ・シワ 肌荒れ
肩こり 関節の痛み 頭痛
アトピー性皮膚炎 接触性皮膚炎 不定愁訴
自律神経失調症 物忘れ 憂鬱
発癌 立ちくらみ 脱毛症
皮膚そう痒症
(ひふそうようしょう)
皮膚に発疹や湿疹がないのに、かゆみが出る。
扁平苔癬
(へんぺいたいせん)
紫紅色で平らに盛り上がった発疹ができ、かゆみが出る。