歯科で金属アレルギーに強い所をお探しならなかやま歯科|HOME >> 歯科の材料

歯科の材料

どんな金属が危険?

歯科治療で使う金属には様々な種類があり、そのなかにはアレルギーを引き起こしやすいものも、引き起こしにくいものもあります。まずは、どんな金属がアレルギーのリスクが高く、どんな金属ならより安全なのかを知っておきましょう。

金属アレルギーの起こりやすさ
【金属アレルギーを引き起こしやすい金属】
銀、ニッケル、クロム、コバルト、水銀、アルミニウム、亜鉛、金銀パラジウムなどが唾液に溶け出してイオン化しやすく、金属アレルギーを引き起こしやすいとされています。歯科治療でよく使われるのは、銀合金や水銀と他の金属の合金であるアマルガム合金です。
【金属アレルギーを引き起こしにくい金属】
貴金属である金やプラチナ、チタンはイオン化しにくく、金属アレルギーを引き起こしにくいとされています。

あなたにとってリスクのある金属は?

上述のように、金属にもアレルギーを引き起こしやすいものと引き起こしにくいものがありますが、これは人によっても異なります。金属アレルギーの治療にあたっては、自分の体質に合わない金属を正確に知ることが重要です。この診断のため、一般的には「パッチテスト」が行われます。パッチテストとは、様々な金属試薬を含ませた絆創膏を皮膚に貼りつけ、アレルギー反応があるかどうかを一つひとつ判定するテストです。

金属アレルギー診断(パッチテスト)の詳細はこちら

パッチテストでNG金属が判明したら・・・・

パッチテストで体質に合わない金属がお口の中にあることが判明したら、その金属を取り除かなければなりません。アレルギー症状を改善するには、アレルゲン(アレルギーの原因物質)と接触しないことがもっとも大切です。そこで、セラミックやレジンなど金属を含まない「メタルフリー」の素材に入れ替えるのが金属アレルギー治療の基本となります。

金属アレルギー治療の流れはこちら