歯科で金属アレルギーに強い所をお探しならなかやま歯科|HOME >> 金属アレルギーについて

金属アレルギーについて

金属アレルギーを知ろう

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、金属に接触することで、かゆみやかぶれなどの症状が出るアレルギーのことです。ピアスやネックレスなどのアクセサリー類を身に付けることによって起こることはよく知られています。

金属アレルギーのメカニズム

金属そのものは体に対して害はありません。汗や唾液などによって溶け出した金属イオンが体内に取り込まれることで、金属アレルギーが起こるのです。

体内に取り込まれた金属イオンは唾液や血液などのタンパク質と結合します。人の免疫システムはタンパク質と結合したこの物質を「異常なもの」と認識し、再び同じ金属イオンが体内に入ってタンパク質と結合すると免疫システムが過剰に反応します。こうして炎症(アレルギー反応)が起こるのが金属アレルギーです。

免疫システムとアレルギー反応

免疫システムとアレルギー反応

人にはもともと免疫システムが備わっています。これは、ウイルス などの「敵」から体を守るためのシステムです。何らかの物質が体内に入ってきたときに、それが「味方なのか敵なのか」を判断し、敵であるならば体外へ排出します。この免疫システムが正常に働かず、本来なら敵ではないものに過敏に反応し、自分自身に炎症を起こしてしまう。これが、アレルギー反応です。

歯科治療が金属アレルギーの原因に!?

先ほどご説明したとおり、多くの場合、金属アレルギーはアクセサリーなどの金属が皮膚に接触することで発症します。しかし、原因はアクセサリーだけではありません。あまり知られていませんが、原因のひとつとして見逃せないのが「歯科治療で使われる金属」なのです。

従来、歯科治療においては広く合金が用いられてきましたが、貴金属の含有量が少ない合金ほど金属イオンが溶け出しやすいのが特徴です。イオン化した金属は唾液や血液を介して、お口の中だけでなく全身に様々な症状を引き起こします。

原因はお口の中にあるかもしれません

金属アレルギーは花粉症などと違い、原因となる物質に接触してもすぐに症状が出るわけではなく、症状が現れるまでに時間がかかる「遅延型アレルギー」です。そのため、「この症状は何が原因なの?」とお悩みになる方も多いようです。原因不明のかゆみやかぶれ、肌荒れなどの症状が見られるようでしたら、アクセサリーなどの装飾品だけでなく歯の詰め物・被せ物を疑ってみましょう。